ユーザ用ツール


reference:レイヤー

レイヤー

LAYER レイヤーID[,合成タイプ[,合成色]]

レイヤーの設定を行う

引数

レイヤーID

設定を行うレイヤーのID:0~7

合成タイプ

0 合成しない(上書き)
1 単純合成
2 加算合成
3 乗算合成
4 スクリーン合成

・省略時は0(合成しない)を指定した事になる。

合成色

合成時にレイヤーに乗算する色コード
・色コードの説明はGCOLORを参照。
・省略時は&HFFFFFFFF(白=色を変えない)を指定した事になる。

LFILTER レイヤーID,フィルター種類,フィルターパラメーター
LFILTER レイヤーID[,0]

指定レイヤーにフィルターを適用させる

引数

レイヤーID

フィルターを設定するレイヤーのID:0~7

フィルター種類

0 フィルターなし
1 モザイク
2 ぼかし
3 水平ラスター変形
4 垂直ラスター変形
5 色変換

・省略時は0。

フィルターパラメーター

フィルター種類毎に異なるパラメーターを設定する。

1(モザイク) 整数(モザイクの大きさ)
2(ぼかし) 整数(ぼかし量)
3,4(ラスター変形) 実数配列(変形情報),整数(リピート)
5(色変換) 実数(色相),実数(彩度),実数(明度)

・モザイクの大きさは大きいほど画像が粗くなる。
・ぼかし量は大きいほど画像がぼける。
・変形情報配列は2次元の実数配列で、2次元目の要素数が2または4である必要がある。
・変形情報配列の要素数が2の場合、オフセット,スケール値が連続する。
・変形情報配列の要素数が4の場合、Xオフセット,Xスケール,Yオフセット,Yスケールが連続する。
・変形情報配列のオフセットは画面幅または高さを1.0として指定する。
・ラスター変形のリピートは変形結果が画像外に出た時に反対側を参照するかどうかを指定する。
・色変換の引数は描画色の各色要素に加算する値を指定する。HSV関数を参照。
・フィルター種類が0(なし)の場合はフィルターパラメータを指定できない。

LFILTER 1,1,4
LFILTER 1,2,8
LFILTER 1,5,180,-100,0
LFILTER 1,0

LFILTER(レイヤーID)

レイヤーに設定されているフィルター種類を取得する

引数

レイヤーID

フィルター種類を取得するレイヤーのID:0~7

返値

設定されているフィルター種類

FTYPE=LFILTER(1)

LCLIP レイヤーID,左上X座標,左上Y座標,右下X座標,右下Y座標
LCLIP レイヤーID

レイヤーのクリッピング設定を設定・解除する

・レイヤーに所属する表示要素(テキストスクリーンとスプライト)がクリッピング領域外に表示されなくなる。

引数

レイヤーID

クリッピング設定を行うレイヤーのID:0~7

左上X座標,左上Y座標,右下X座標,右下Y座標

クリッピング矩形を指定する左上座標と右下座標
・省略時はクリッピング設定を解除し、画面全体に表示されるようになる。

LCLIP レイヤーID OUT 左上X座標,左上Y座標,右下X座標,右下Y座標

レイヤーのクリッピング矩形座標を取得する

・クリッピング設定時に指定された座標を内部で整形しているため、設定座標と異なる座標が返ってくる事がある。

引数

レイヤーID

クリッピング設定を取得するレイヤーのID:0~7

返値

左上X座標,左上Y座標,右下X座標,右下Y座標

取得する左上座標と右下座標

LMATRIX レイヤーID,ホーム座標X,ホーム座標Y[,X,Y[,倍率X,倍率Y[,回転角]]]

レイヤー内の表示要素を描画する際に使用する変換行列を設定する

・引数から2D変換行列を生成し設定する。

引数

レイヤーID

変換行列を設定するレイヤーのID:0~7

ホーム座標X,ホーム座標Y

ホーム座標(座標基準点)
・ホーム座標はX,Y引数の座標基準点、回転やスケーリングの中心点として使用する。
・THOME,SPHOMEと同じような機能。

X,Y

表示座標
・ホーム座標X,YとX,Yとの関係は、「ホーム座標で設定したレイヤー上の座標を、X,Yで設定した画面上の座標に持って行く」と考えれば良い。
・TOFS,SPOFSと同じような機能。
・省略時は0,0を指定した事になる。

倍率X,倍率Y

拡大縮小の倍率を横(X)と縦(Y)に設定する
・ホーム座標X,Yを中心に拡大・縮小する。
・TSCALE,SPSCALEと同じような機能。
・省略時は1,1を指定した事になる。

回転角

回転角
・ホーム座標X,Yを中心に回転する。
・TROT,SPROTと同じような機能。
・省略時は0を指定した事になる。

LMATRIX レイヤーID,変換行列

レイヤー内の表示要素を描画する際に使用する変換行列を設定する

引数

レイヤーID

変換行列を設定するレイヤーのID:0~7

変換行列

変換行列の入っている実数配列
・要素数が16必要。
・全要素が単精度実数範囲内の値である必要がある。
・行列はOpenGLの変換行列に準じた形式で、射影行列まで含んでいる必要がある。

LMATRIX レイヤーID

レイヤーの変換行列をリセットする

引数

レイヤーID

変換行列をリセットするレイヤーのID:0~7

reference/レイヤー.txt · 最終更新: 2019/10/28 11:59 (外部編集)

ページ用ツール