ユーザ用ツール


reference:ファイル

ファイル

FILES ["ファイル種類:"]
FILES "[ファイル種類:]プロジェクト名"

ファイルの一覧をコンソール上に表示する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0となる

引数

ファイル種類

特定のファイル種類を表示させたい場合に指定する
・省略した場合、すべてのファイルを表示する

プロジェクト名

一覧を取得したいプロジェクトの名前。
・省略した場合、カレントプロジェクト内のファイル一覧が表示される

FILES
FILES "TXT:PROJECT" 

FILES "//"

プロジェクトの一覧をコンソール上に表示する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0となる

引数

"//"

"//" を指定すると、プロジェクト一覧が表示される

FILES "//" 

FILES(["ファイル種類:"])
FILES("[ファイル種類:]プロジェクト名")

ファイル・プロジェクト一覧が格納された配列を作成する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0となる

引数

ファイル種類

特定のファイル種類を取得したい場合に指定する
・省略すると全てのファイルを取得する

プロジェクト名

一覧を取得したいプロジェクトの名前
・省略した場合、カレントプロジェクト内のファイル一覧を取得する

返値

ファイル一覧が格納された文字列配列

NAMETBL$ = FILES()
FOR I=0 TO LAST(NAMETBL$)
 ?NAMETBL$[I]
NEXT

FILES("//")

プロジェクト一覧が格納された配列を作成する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0となる

引数

"//"

"//" を指定すると、プロジェクト一覧を取得する

返値

プロジェクトの一覧が格納された文字列配列

NAMETBL$ = FILES("//")
FOR I=0 TO LAST(NAMETBL$)
 ?NAMETBL$[I]
NEXT

FILES ["ファイル種類:",]文字列配列
FILES "[ファイル種類:]プロジェクト名",文字列配列

ファイル一覧を配列に取得する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0となる

引数

ファイル種類

特定のファイル種類を取得したい場合に指定する

プロジェクト名

一覧を取得したいプロジェクトの名前。
・省略した場合、カレントプロジェクト内のファイル一覧を取得する

文字列配列

・ファイル一覧のファイル名が格納される文字列配列
・1次元配列の場合取得したファイル数に応じて自動拡張

DIM NAMETBL$[]
FILES NAMETBL$
FOR I=0 TO LAST(NAMETBL$)
 ?NAMETBL$[I]
NEXT

FILES "//",文字列配列

プロジェクト一覧を配列に取得する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0となる

引数

"//"

"//" を指定すると、プロジェクト一覧を取得する

文字列配列

・プロジェクト一覧のプロジェクト名が格納される文字列配列
・1次元配列の場合取得したファイル数に応じて自動拡張

DIM NAMETBL$[]
FILES "//", NAMETBL$
FOR I=0 TO LAST(NAMETBL$)
 ?NAMETBL$[I]
NEXT

LOAD "[ファイル種類:]ファイル名"[,スロット]

プログラムを読み込む

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

ファイル種類はTXTのみ指定可能
・省略した場合TXTを指定した事になる

ファイル名文字列

読み込むファイル名

スロット

プログラムを読み込むスロット:0~3
・省略すると0を指定した事になる

LOAD "PROGNAME" 
LOAD "SUBPROG",1

LOADG "[ファイル種類:]ファイル名",グラフィックページ[,OX,OY]
LOADG "[ファイル種類:]ファイル名",グラフィックページ[,OX,OY] OUT 幅,高さ

画像ファイルを読み込む

・オフセット指定時はみ出した部分は無視される
・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

GRP,JPGまたはDATを指定できる
・省略時はGRPを指定した事になる
・DATを指定した場合、二次元整数配列以外のファイルはエラーとなる

ファイル名文字列

読み込むファイル名

グラフィックページ

読み込んだ画像データを格納するグラフィックページ:0~5

OX,OY

画像の読み込み先座標
・省略すると0,0を指定した事になる

返値

幅,高さ

読み込んだ画像データの幅と高さ

LOADG "GRPDATA",1
LOADG "DAT:DATA",2,0,64
LOADG "GRPDATA",2 OUT W,H

LOADV("ファイル種類:ファイル名")

ファイルの内容を読み込んで文字列または配列として返す

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

DAT,TXT,GRPを指定可能
・省略はできない

ファイル名

読み込むファイル名

返値

読み込んだファイルの内容
・DAT,GRPを指定した場合、DAT,GRPファイル内のデータを格納した配列を返す
・DAT,GRPファイルの読み込みに失敗した場合は要素数0の1次元整数解列を返す
・TXTを指定した場合、TXTファイル内容の文字列を返す
・TXTファイルの読み込みに失敗した場合は空文字列を返す

TX$=LOADV("TXT:MEMOFILE")
DT=LOADV("DAT:DATAFILE")

LOADV "ファイル種類:ファイル名",数値配列

ファイルの内容を数値配列に読み込む

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

DAT,GRPを指定可能
・省略不可

ファイル名

読み込むファイル名

数値配列

読み込んだ数値データが格納される数値配列変数
・読み込むファイルに格納された配列データの次元と、読み込み先配列の次元は一致している必要がある
・ファイル内の情報に応じて配列要素数が自動的に拡張される

DIM MARRAY[]
LOADV "DAT:MDATA",MARRAY

SAVE "[ファイル種類:]ファイル名"[,スロット]

プログラムをセーブする

・上書きセーブ時は上書き前のファイルが @BACKUP.PRG として保存される
・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

TXTのみ指定可能
・省略した場合TXTを指定した事になる

ファイル名

セーブするプログラムに付けるファイル名

スロット

セーブするプログラムのスロット番号:0~3
・省略した場合0を指定した事になる

保存

SAVE "TEST" 
SAVE "TEST2",2

SAVEG "[ファイル種類:]ファイル名",グラフィックページ[,始点X,始点Y,幅,高さ]

グラフィックページの内容をファイルに保存する

・上書きセーブ時は上書き前のファイルが @BACKUP.GRP という名前で保存される
・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

GRPのみ指定可能
・省略した場合GRPを指定した事になる

ファイル名

セーブファイルに付ける名前

グラフィックページ

セーブするグラフィックページ:0~5

始点X,始点Y

保存したい領域の左上の座標を指定する(X,Y共に0~2047)
省略した場合0,0を指定した事になる

幅,高さ

保存したい領域のサイズを指定する(幅,高さ共に1~2048)
・始点Xと幅、または始点Yと高さを足した結果が2048を超えるとエラーとなる
・省略した場合2048,2048を指定した事になる

SAVEG "GRP:GAZOU",0
SAVEG "GAZOU_ICHIBU",3,100,100,300,300

SAVEG "JPG:ファイル名",グラフィックページ[,始点X,始点Y,幅,高さ] [,圧縮量]

グラフィックページの内容を高圧縮形式でファイルに保存する

・高圧縮形式は通常の圧縮形式に比べてより小さいファイルで保存できるが、保存するたびに画質が落ちていく(非可逆圧縮)
・上書きセーブ時は上書き前のファイルが @BACKUP.JPG という名前で保存される
・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

JPGのみ指定可能

ファイル名

セーブファイルに付ける名前

グラフィックページ

セーブするグラフィックページ:0~5

始点X,始点Y

保存したい領域の左上の座標を指定する(X,Y共に0~2047)
省略した場合0,0を指定した事になる

幅,高さ

保存したい領域のサイズを指定する(幅,高さ共に1~2048)
・始点Xと幅、または始点Yと高さを足した結果が2048を超えるとエラーとなる
・省略した場合2048,2048を指定した事になる

圧縮量

圧縮量と画質を表す値を指定する(1~100)
・数字が小さいほど圧縮率が高くなるが、画質が落ちる
・省略した場合60を指定した事になる

SAVEG "JPG:GAZOU",0,80
SAVEG "JPG:GAZOU_ICHIBU",3,100,100,300,300

SAVEV "ファイル種類:ファイル名",変数

変数の内容をファイルに保存する

・上書き保存時は上書き前のファイルが @BACKUP.TXTまたは@BACKUP.DAT として保存される
・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

TXT,DAT,GRPを指定可能
・省略できない

ファイル名

保存ファイルに付ける名前

変数

セーブしたいデータを格納した変数
・TXTの場合文字列変数を指定する
・DATの場合数値配列を指定する
・GRPの場合2次元の整数配列を指定する

SAVEV "TXT:MEMO",TX$
DIM MAP[10,10]
SAVEV "DAT:MAP",MAP
DIM IMG%[32,32]
SAVEV "GRP:IMG",IMG%

PROJECT()

カレントプロジェクトを取得する

返値

カレントプロジェクトの名前

EXEC "[ファイル種類:]ファイル名文字列"[,スロット]

プログラムのロードと実行を行う

・DIRECTモードでは実行できない
・指定スロットの変数、SPFUNC,TFUNC設定内容はクリアされる

引数

ファイル種類

TXTのみ指定可能
・省略した場合TXTを指定した事になる

ファイル名

読み込むプログラムのファイル名

スロット

プログラムを読み込むスロット
・省略した場合現在実行中のスロットを指定した事になる

EXEC "SAMPLE" 
EXEC "SBGED",1

EXEC スロット

指定スロットのプログラムを実行する

・DIRECTモードでは実行できない
・EXECで実行をはじめたスロットでEND命令を実行するとEXECの次の命令に戻ってくる
・指定スロットの変数、SPFUNC,TFUNC設定内容はクリアされる

引数

スロット

実行するプログラムのスロット番号:0~3
・現在実行中のスロットは指定できない

EXEC 2

CHKFILE("[ファイル種類:]ファイル名文字列")

指定したファイルが存在するかどうかチェックする

引数

ファイル種類

調べるファイルの種別
・省略した場合TXTを指定した事になる

ファイル名

調べるファイル名

返値

存在する場合1が、存在しない場合0を返す

A=CHKFILE("SBATTACK")
B=CHKFILE("GRP:SBATTACK")

DELETE "[ファイル種類:]ファイル名"

ファイルを削除する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類

削除したいファイルの種別
・省略するとTXTを指定した事になる

ファイル名

削除したいファイル名

DELETE "TEST" 
DELETE "GRP:PICTURE" 

RENAME "[ファイル種類1:]ファイル名1","[ファイル種類2:]ファイル名2"

ファイルの名前を変更する

・実行結果はRESULT関数で取得できる
・RESULTの値は、成功時は1、失敗時は0、キャンセル時は-1となる

引数

ファイル種類1

名前を変更したいファイルの種別
・省略した場合TXTを指定した事になる

ファイル名1

名前を変更したいファイル名

ファイル種類2

変更先ファイルのファイル種類
・ファイル種類1と異なる場合エラー
・省略した場合、ファイル種類1と同じ物となる

ファイル名2

変更先のファイル名

RENAME "TEST1","TEST2" 
RENAME "GRP:PICTURE1","PICTURE2" 

reference/ファイル.txt · 最終更新: 2019/08/15 12:54 (外部編集)

ページ用ツール