ユーザ用ツール


reference:各種入力_toy-con

各種入力(Toy-Con)

XCTRLSTYLE 最大接続数,100,Toy-Con種類左1,Toy-Con種類右1[,接続画面表示フラグ]
XCTRLSTYLE 最大接続数,100,Toy-Con種類左1,Toy-Con種類右1,Toy-Con種類左2,Toy-Con種類右2[,接続画面表示フラグ]

Toy-Conの接続設定をする

・Toy-Conを使用する場合、操作スタイルは専用スタイルを使用する。
・通常ジョイコンとしての情報は、BUTTON,STICK,ACCEL,GYROA,GYROVで2本持ちスタイル相当として取得できる。
・Toy-Con使用中はIRカメラ命令は使用できない。
・接続確認画面の操作結果はRESULT関数で確認できる(1:成功,-1:キャンセル)。
・サブプログラムからの呼び出しは無視される。

引数

最大接続数

接続したい最大のコントローラー数を指定する:1~2

100

Toy-Conを使用する場合操作スタイルに100を指定する

Toy-Con種類

認識するToy-Conの種類を左右別に設定する

0 ToyCon認識OFF ToyCon認識OFF
1 × ピアノ
2 × おうち
3 △バイク △バイク
4 △つり △つり
5 × ロボット
6 バイザー ×
7 △クルマ △クルマ
8 △ヒコウキ △ヒコウキ
9 △センスイカン △センスイカン
10 7,8,9すべて 7,8,9すべて

・×となっている値は指定できない。
・バイザーは左にのみ指定可能。
・ピアノ、おうち、ロボットは右にのみ指定可能。
・△のついた種類は左右両方に指定しなければならない。
・10はカギToy-Conの装着により7,8,9を自動で切替える。

接続画面表示フラグ

コントローラー接続画面を必ず表示するかどうかを指定する
・1を指定すると、コントローラー接続画面が必ず表示される。
・0を指定すると、設定が変わった時だけコントローラー接続画面が表示される。
・省略時は0。

TCPIANO コントローラーID OUT 認識フラグ[,キー・ボタン情報,ダイアル種類,ダイアル回転角速度]

ピアノToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでToy-Con種類に1以外を指定するとエラーとなる。
・キー・ボタン情報以降の返値はすべて省略可能。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

ピアノToy-Conを認識しているかどうかを返す
・1で認識中。0で認識していない。

キー・ボタン情報

ピアノToy-Conのキー・ボタン状況をビット毎に返す
各ビットの意味は次の通り

bit0
bit1 ド♯
bit2
bit3 レ♯
bit4
bit5 ファ
bit6 ファ♯
bit7
bit8 ソ♯
bit9
bit10 ラ♯
bit11
bit12 ド(1オクターブ上)
bit13 読み込みボタン
bit14 オクターブアップ
bit15 オクターブダウン
bit16 再生ボタン
bit17 録音ボタン

ダイアル種類

ToyConに挿入されているダイアルの種類

0 挿入していない、認識できない
1 太線
2 細線
3 2本線
4 中線

ダイアル回転角速度

ダイアルが挿入されている場合の回転角速度
・時計回りに1周で1.0、反時計回りに1周で-1.0。

TCROBOT コントローラーID OUT 認識フラグ,手足情報配列[,ピッチ,ロール,ヨー]

ロボットToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでロボットToy-Conの認識を開始しない状態で使用するとエラーとなる。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

ロボットToy-Conの各スロットを認識しているかどうかをビット値で返す
・各ビット1で認識中、0で認識していない。

bit0 右足
bit1 右手
bit2 左手
bit3 左足

手足情報配列

各スロットの情報が格納された2次元数値配列を返す
配列要素を[Y,X]とした時のYとXの意味は次の通り

Y=0 右足
1 右手
2 左手
3 左足
X=0 補正済検出値:0~1
1 補正前検出値:0~320
2 補正最小値:0~320
3 補正最大値:0~320
4 対応するクラスタID

ピッチ,ロール,ヨー

ロボットToy-Conを背負った状態での姿勢角度情報
・角度の単位はラジアン。

ピッチ 前後の傾き。Toy-Conを背中側に傾けると正(値が大きくなる)
ロール 左右の傾き。Toy-Conを左側に傾けると正
ヨー 腰の回転。反時計まわりに回転させると正

TCVISOR コントローラーID OUT 認識フラグ,ピッチ,ロール,ヨー

ロボットToy-Conのバイザー認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでロボットToy-Conバイザーの認識を開始しない状態で使用するとエラーとなる。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

バイザーを正しく認識している場合は1、認識していない場合は0が返る

ピッチ,ロール,ヨー

バイザーの姿勢角度情報
・バイザーを頭に装着した状態を想定している。
・角度の単位はラジアン。

ピッチ バイザー上げ下げの傾き。Toy-Conを上げると正(値が大きくなる)
ロール 頭の左右の傾き。首を左に傾けると正
ヨー 頭の回転。反時計まわりに回転させると正

TCHOUSE コントローラーID OUT 認識フラグ,情報配列

おうちToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでおうちToy-Conの認識を開始しない状態で使用するとエラーとなる。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

おうちToy-Conを認識しているかどうかを返す。1で認識中。0で認識していない

情報配列

各差し込み口の情報が格納された2次元数値配列を返す
配列要素を[Y,X]とした時のYとXの意味は次の通り

Y=0 下差し込み口
1 左差し込み口
2 右差し込み口

・X=0に次のように差し込まれているブロックのタイプが格納される。

0 ブロックなし
1 くるくる
2 ぷすぷす
3 ねじねじ
4 ケーブル1
5 ケーブル2

・X=1以降は次のような値が格納される。

X くるくる ぷすぷす ねじねじ その他
1 回転速度 フラグ フラグ 0
2 0 押し量 ねじり量 0
3 0 0 差し込み向き 0

・くるくるの回転速度は-1~1の値で、0で静止。
・ぷすぷすのフラグは次のとおり。

bit0 押されている
bit1 押した瞬間

・ぷすぷすの押し量は0~1.0。0で全く押されていない。
・ねじねじのフラグは1でつまみを離した瞬間、0で離していない。
・ねじり量は0~1.0。0で全くねじっていない。
・差し込み向きは0かそれ以外で、ねじねじを縦に刺したか横に刺したかをあらわす。

TCFISHING コントローラーID OUT 認識フラグ[,釣り竿ヨー,釣り竿ピッチ,リール速度,釣り竿ヨー角度,釣り竿ピッチ角度]

つりToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでつりToy-Conの認識を開始しない状態で使用するとエラーとなる。
・釣り竿ヨー以降の返値はすべて省略可能。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

つりToy-Conを認識しているかどうかを返す。1で認識中。0で認識していない
・認識方法は、左右Joy-ConをつりToy-Conに装着し、認識フラグが1を返すまで静止させておく。

釣り竿ヨー

釣り竿のヨー(左右の角度)を-1.0~1.0の値で取得する
・左が正の値、右が負の値で、0が中央。
・左右に動かさない場合でも徐々に0に戻る。

釣り竿ピッチ

釣り竿のピッチ(上下の角度)を-1.0~1.0の値で取得する
・上向きが正の値、下向きが負の値で、0が水平。

リール速度

リールの巻き速度を取得する
・釣り竿を持って奥側に回すと正の値、手前側に回すと負の値で、0が静止。
・一周で1.0となる。

釣り竿ヨー角度

釣り竿のヨー(左右の角度)をラジアンで取得する
・左が正の値、右が負の値で、0が中央。
・左右に動かさない場合でも徐々に0に戻る。

釣り竿ピッチ角度

釣り竿のピッチ(上下の角度)をラジアンで取得する
・上向きが正の値、下向きが負の値で、0が水平。

TCBIKE コントローラーID OUT 認識フラグ[,ハンドル傾き,アクセル量,アクセル角度,ウイリー角度]

バイクToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでバイクToy-Conの認識を開始しない状態で使用するとエラーとなる。
・ハンドル傾き以降の返値はすべて省略可能。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

バイクToy-Conを認識しているかどうかと、操作ボタンの状態をビット値で返す

0 認識していない
bit0 認識中
bit1 ブレーキレバー
bit2 左手前ボタン
bit3 右手前ボタン

・認識方法は、左右Joy-ConをバイクToy-Conに装着し、認識フラグが0以外の値を返すまで静止させておく。
・認識していない場合ボタン状態はかならず0になる。

ハンドル傾き

ハンドルの傾き量を-1.0~1.0の値で取得する
・左に傾けると正の値、右に傾けると負の値、0が水平。

アクセル量

アクセルのひねり量を0~1.0の値で取得する
・ひねっていない状態で0を返す。

アクセル角度

アクセルのひねり角度をラジアンで取得する
・ひねっていない状態で0を返す。

ウイリー角度

バイクToy-Conを上に向けた時の角度をラジアンで取得する

TCCAR コントローラーID OUT 認識フラグ [,アクセル,ハンドル入力[,ハンドル角度,左レバー,右レバー,ひも,サイドレバー,左ギミック,右ギミック]

クルマToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでToy-Con種類に7または10を指定しないとエラーとなる。
・アクセル以降の返値はすべて省略可能。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

クルマToy-Conを認識しているかどうかと、操作ボタンの状態をビット値で返す。

0 認識していない
bit0 認識中
bit1 カギToy-Conボタン

アクセル

アクセルペダルの踏み込み量:0~1.0

ハンドル入力

ハンドルの回転量: -1.0~1.0
・-1.0で左180°、1.0で右180°、0でまっすぐ。
・180°以上ハンドルを回転しても上限・下限値を維持する。

ハンドル角度

ハンドルの回転角度:-0.5~0.5
・-0.5で左180°、0.5で右180°、0でまっすぐ。
・180°以上ハンドルを回転すると値が反転する。

左レバー

左レバーの操作量:0~1.0

右レバー

右レバーの操作量:0~1.0

ひも

ひもの引き量:0~1.0

サイドレバー

サイドレバーの操作量:0~1.0

左ギミック,右ギミック

左右レバーのギミックダイアル位置:0~4

TCPLANE コントローラーID OUT 認識フラグ [,アクセル,スティックX,スティックY]

ヒコウキToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでToy-Con種類に8または10を指定しないとエラーとなる。
・アクセル以降の返値はすべて省略可能。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

ヒコウキToy-Conを認識しているかどうかと、操作ボタンの状態をビット値で返す。

0 認識していない
bit0 認識中
bit1 カギToy-Conボタン
bit2 トリガーボタン

アクセル

アクセルペダルの踏み込み量:0~1.0

スティックX

スティック左右方向の傾き:-1.0~1.0
・-1.0で左いっぱい,-1.0で右いっぱい、0で中央。

スティックY

スティック前後方向の傾き:-1.0~1.0
・-1.0で奥いっぱい,-1.0で手前いっぱい、0で中央。

TCSUBM コントローラーID, OUT 認識フラグ [,アクセル,左ハンドル角度,右ハンドル角度]

センスイカンToy-Conの認識情報を取得する

・XCTRLSTYLEでToy-Con種類に9または10を指定しないとエラーとなる。
・アクセル以降の返値はすべて省略可能。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

認識フラグ

センスイカンToy-Conを認識しているかどうかと、操作ボタンの状態をビット値で返す。

0 認識していない
bit0 認識中
bit1 カギToy-Conボタン
bit2 センスイカンToy-Conボタン

アクセル

アクセルペダルの踏み込み量:0~1.0

左ハンドル角度

左側ハンドルの回転角度:-0.5~0.5
・-0.5で-180°、0.5で180°をあらわす。
・180°以上ハンドルを回転すると値が反転する。

右ハンドル角度

右側ハンドルの回転角度:-0.5~0.5
・-0.5で-180°、0.5で180°をあらわす。
・180°以上ハンドルを回転すると値が反転する。

TCVEHICLE(コントローラーID)

現在認識中のDriveKit Toy-Con種類を返す

・XCTRLSTYLEでToy-Conを使用する設定にしていないとエラーとなる。

引数

コントローラーID

情報を取得するコントローラーのID:1~2

返値

Toy-Con種類

次のいずれかの値

0 未認識
7 クルマ
8 ヒコウキ
9 センスイカン

・XCTRLSTYLEでToy-Con種類として7,8,9,10を指定してる時のみ0以外の値を返す。

reference/各種入力_toy-con.txt · 最終更新: 2019/10/28 11:59 (外部編集)

ページ用ツール